【プラグイン】登録したHTMLコードを瞬時に呼び出す方法

【プラグイン】の知識が必要

AddQuicktag

 

あらかじめ登録しておいた【ショートコード】【HTML】を手軽に挿入できるプラグインです。STORK公式でもおすすめされるレベルの優秀プラグインなので、今すぐ導入しておきましょう。

 

使用方法

有効化したら投稿編集画面に1つのドロップボックスが設置されます。これがこのプラグインの能力であり、このボックスから色々なショートコードやHTMLコードを呼び出す事が可能となります。

 

新規タグを登録する

しかし導入直後は『何も登録されていない』のでクリックしても何も起こりません。この登録が少し難しい部分ではありますが、これさえクリアすれば作業効率化は間違いなし。自分に必要なコード登録してください。

【左メニュー】【設定】【AddQuicktag】をクリック。

登録画面は何やらややこしい作りとなっていますが、入力が必要なのは『ボタン名』『開始タグ』『終了タグ』『一番右側のチェックボックス』この4つだけで、これ以外は無視です。

それでは試しに『赤い囲み枠』を作ってみます(ここからはSTORKのショートコードを例に説明するので、他のテーマの方は同じようにやっても意味がないです)

 

赤い囲み枠
タイトルも、枠内の文字も、自由に編集可能

 

こんな感じで強調したい文章を表現する囲み枠も簡単にできます。ビジュアルエディタ上ではどんな表示になっているのか見てみましょう。

 

 

[ ]で囲まれている部分が『ショートコード』です。これはワードプレス標準装備のショートコードではなく、STORKに付属しているショートコードなので、STORK以外では使えません。

HTMLで同じ様な物を作ろうと思ったら、もっと複雑なコードになります。ショートコードは極限まで単純化されているので、見ればすぐに構造は理解できますよね。このコードを【AddQuicktag】に登録します。

 

【開始タグ】に開始コード(赤線部分)を入力
【終了タグ】に終了コードを(青線部分)入力 
【赤い囲み枠】という表記だけは編集可能
【ボタン名】は自分が分かりやすい物に
【一番右のチェックボックス】にチェックを入れる
【設定を更新】して終了

 

コードを呼び出す

実際にビジュアルエディタで適当に文章を書いてください。そしてその文章全てをマウスで選択した状態のまま右上のウィンドウを開きます。

先ほど登録した【ボタン名】が表示されているのでそれをクリック。

 

『あなたの書いた文章(黄色線)』が『開始タグ(赤線)』と『終了タグ(青線)』に囲まれた状態になります。作業はこれだけなので、プレビューでご確認ください。

あとはこの応用で頻度の高いコードを登録しまくれば、かなり効率化になります!

もし登録工程の『一番右のチェックボックス』を忘れていると、ドロップボックス内にボタン名は表示されません。

また、ブラウザの別タブで登録を行った場合も『F5でエディタを更新』しないと表示されません。2つとも行った後に非表示のままならあなたのパソコンがいかれてます

 

個人的なデメリット

これは僕だけが衝突している問題なのかもしれませんが、AddQuicktagでHTMLコードを記事に挿入した場合、目に見えないズレの様な物が発生したり、上手く記事に反映できないという事態が起こります。なので『AddQuicktagでHTMLを扱う』という事を僕個人は推奨いたしません。

 

『歩道を歩いてて車が突っ込んできた場合の対処法』を10年考え続けてきました