【サーバー】Jimdoからエックスサーバーへ独自ドメインを移管する手順

ワードプレスがあまりにも使いやすいので僕の飲食店のホームページもワードプレスに移動しようと決めました。

【2019-5-18追記】移管して2年近く経過しましたが、非常に快適です。Jimdoでは出来なかった事が色々できますよ。覚える事も多いですけど

 

『Jimdo』と『ワードプレス』の使いやすさを比較

 

現時点ではホームページ作成サイト『Jimdo』で運営をしていますが、この独自ドメインをエックスサーバーにドメイン移管して引き続き使います。

初めての移管だからドキドキパニックです。

 

 

ドメイン移管時の注意

・(.com/.net/.org/.biz/.info)はドメイン登録後60日間は移管できない

・ Jimdo 有料版の契約終了日(ドメイン有効期限)の1ヶ月前までに依頼する

・ドメイン移管の日時指定はできない

※重要な部分だけ抜粋

 

 

【jimdo】移管手続き(出)

Jimdoに『Admin-C』のアドレスを変更してもらう

【Jimdoログイン】【管理メニュー】【お問い合わせ】【新規メッセージ】からアドレス変更の依頼を出し、返事を待ちます。

僕の場合は1日ですぐに変更通知が来ました。

 

 

『whois情報』に反映されているか確認

whois情報確認サイト【ANSI Whois Gateway】で独自ドメインを検索をすると、下の方に『whois情報』が表示されるので【Admin Email】の部分を確認します。

ここが自分のアドレスになってればオッケー。

 

 

 

Jimdoにドメイン移管申請をする

【Jimdoログイン】【管理メニュー】【お問い合わせ】【新規メッセージ】から『ドメイン移管申請』を行っていきます。

 

 

あとはまたJimdoからの返事待ち。

2時間30分で返事が来ました。

 

 

 

jimdoのメールからオースコードを取得

移管手続きに必要なコードメール宛に送られてきます。これをエックスサーバーに持っていけば移管手続きができるとの事。

 

 

 

【エックスサーバー】移管手続き(入)

エックスサーバーへ移管時の注意

7日以内にドメイン有効期限が切れる場合は移管できない

・whois情報の【registrant】の部分に自分のメールアドレスが登録されていないと移管できない

 

 

 

エックスサーバーに申し込む

【インフォパネル】【契約関連】【追加のお申込み】【利用規約に同意】【ドメイン】【移管ボタン】移管したい独自ドメインを入力。

基本的にどんなドメインを入力しても『このドメインは申し込む事が可能です!』と表示されるので、間違えないように入力。

申し込みを完了させればエックスサーバーから『申込み受付完了』のメールが届きます。

 

 

料金を支払う

【インフォパネル】【決済関連】【料金のお支払】【ドメインご契約一覧】に申し込みをしているドメインが新規作成されているので、横のチェックボックスに印をつけて【お支払方法を選択する】支払方法を選択】

 

 

移管申請

【インフォパネル】【ご契約一覧】【ドメイン】の移管希望のドメインを確認すると【お手続き】の欄に【移管申請ボタン】が現れているので、これをクリック。

【認証鍵】を入力する欄が現れるので、Jimdoからメールで届いた【オースコード】を入力。

これで一旦手続きは終了。エックスサーバーから『名義の移管承認メール』が来るまで待ちます。

 

 

名義の移管承認メールの確認

移管申請をして1日でエックスサーバーからメールが届きました。

 

 

メール内のリンクから承認画面にアクセスします。

ちなみに表示されているリンクは2つとも同じもの。どちらをクリックしても承認画面に行きます。

 

 

【移管を承認する】を選択すれば終了。

 

 

あとは長くても5日程度まてば移管が完了するはず。

初めてやる作業だから、移管後にどんな形になるのかは全く分かりません。

わずか1日でエックスサーバーからドメイン移管完了のメール。さすがエックスサーバー様、仕事が早いですね。

移管が終わっても以前のホームページは見れました。

 

 

移管後のドメイン設定

移管した独自ドメインの登録

【サーバーパネル】【ドメイン設定】【ドメインの追加設定】ドメイン登録完了。これでもまだ以前のホームページはそのまま残っている状態。

『独自ドメインのみがエックスサーバーに引っ越ししている状態』です。よく分からないからワードプレスを導入してみます。

 

Jimdoと契約中にWPインストール

やはりJimdoHPが残っている状態でワードプレスを導入する事は不可能なのでしょうか?

インストールは難なく終了したもののアクセスしてみるとJimdoHPしか開きません。ワードプレスにログインもできません。

ここで思いついたのが『ネームサーバーの変更』です。

確認してみたら、やっぱりネームサーバーがJimdoのまま。

これをエックスサーバーのネームサーバーに変更してみます。

 

 

予感的中!

ワードプレス画面が表示されました!

狙っていた『念のためJjimdoHPを残しつつ、ワードプレスの編集が可能』な状態になりました。

しかしアクセスすると以下のような画面が表示されてしまう。

 

 

表面上はJimdoHPにアクセスできなくなるが『Jimdoからログイン』からログインは可能なので、バックアップ取得もできます。

あとは一通りワードプレスへの引っ越しが終了したらJimdoを解約してお別れです。

 

エックスサーバーに問い合わせ

『この接続ではプライバシーが保護されません』が気になったので、エックスサーバーに直接問い合わせる事にしました。

 

僕からエックスサーバーへ

この度、Jimdoというホームページ制作会社からエックスサーバーへドメインを移管し、ネームサーバーの変更までは難なく終了したのですが、一部で問題が発生しています。

【今の状況】
・『http://・・・・・・.net/』を指定すればワードプレス画面にはアクセスはできる
・ワードプレス編集もできる
・ネームサーバーは全てエックスサーバーへ変更済み
・Jimdoはまだ解約していないので旧ホームページは残っている

【問題点】
・サイトを検索し、結果に表示された『旧ホームページのリンク』からアクセスしようとした場合に以下の注意書きが表示されページに移動する事ができません。アクセス先のアドレスは『http://・・・・・・.net/』で間違いないのですが、旧ホームページのリンクから新ホームページへ移動できないのでしょうか?

飲食店のホームページなのでできればすぐに『エックスサーバーのホームページ』を表示させたいのですが、これはDNS変更によって生じたサイト情報の浸透が不完全だからなのでしょうか?2日~1週間程度待てば解決するのでしょうか?もし他に原因があるなら対処しようと思っています。よろしくお願いします。

【パソコンでの表示】

この接続ではプライバシーが保護されません

攻撃者が、www.・・・・・・.net 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID

このサーバーが www.・・・・・・.net であることを確認できませんでした。このサーバーのセキュリティ証明書は *.xserver.jp から発行されています。原因として、設定が不適切であるか、悪意のあるユーザーが接続を妨害していることが考えられます。

【アイフォンでの表示】
無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

 

 

エックスサーバーからの返事

お問い合わせいただきありがとうございます。

ご記載いただきましたエラーメッセージから察するに
ドメイン【・・・・・・.net】には
URL「http://www.・・・・・・.net~」ではなく
URL「https://www.・・・・・・.net~」から
アクセスしていただいているかと存じます。

URL「https://www.m・・・・・・.net~」にて
ドメイン【・・・・・・.net】にアクセスしていただく場合、
ドメイン【・・・・・・.net】に独自SSLを導入していただく必要がございます。

独自SSLは無料でもご利用いただけますのでご検討ください。

 

なお、無料でご利用いただける独自SSLは
サーバーパネル内、「SSL設定」にて設定していただけます。

▼無料独自SSLの設定方法
 https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssl.php

無料独自SSLの設定が完了いたしましたら、
URL「https://www.・・・・・・.net~」にアクセスしていただけるか
ご確認くださいませ。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

『土日祝日休み』って書いてあるのに日曜日に返事がきました。

神対応すぎるでしょうエックスさん!

接続できなかったのは新ドメインが『http』のに対し、旧ドメインは『https』だったという何とも情けない理由。

そんな部分に『s』1個の違いがあるなんて初めて知った。いくら考えても分かりませんよこんな物。

エックスサーバー様のおっしゃるとおり『無料独自SSL』という物を設定してみよう。なんなんだ一体SSLって。

SSLとはセキュリティ強化の事でした。エックスサーバーでは無料でSSL化できるので、最初にやっておいた方がいいかと思います。SSL化されたサイトは『http』→『https』にURLが変わります。

 

無料独自SSLの設定

【サーバーパネル】【ドメイン】【SSL設定】【ドメインを選択】【独自SSL設定の追加タブ】【独自SSLを追加する】これで設定完了。

更に『Webサイトの常時SSL化』という物を促されたので、調べてみた。

 

Webサイトの常時SSL化

「http://~」からアクセスした場合でも「https://~」へ自動で転送。常に「https://~」というURLへアクセスするように設定する手順。

僕には必要なかったのでやりませんでした。

 

 

あ・・・アクセスできた!!

 

SSL化設定後、反映されるまで少し時間がかかりましたが、移管後のドメインが『http』→『https』に変更されたので、過去のURLからもアクセスが可能になったのです!ありがとうエックスサーバー!

 

移管終了

これにて【Jimdoからエックスサーバーへのドメイン移管】が無事終了。1週間程度はかかると思ってましたが、実質3日で終わりました。初めてでしたが、どうにかなるもんです。

ホームページの引っ越しが完全に終了次第、長くお世話になった『Jindo』のホームページを閉鎖・解約して終了。

 

まとめ

・ドメイン移管後は『ネームサーバーの設定』を忘れないように行う事

・独自ドメインは最初からSSL化されてないので『http』である

・ドメイン移管前のサイトがSSL化された『https』だった場合、移管後にSSLが外れ『http』になってしまう(URLが変わってしまう)。

・移管後にドメインをSSL化すればURLが『https』になるので、移管前のURLからもアクセスが可能になる

 

Jimdoの解約

2017年8月3日。

無事Jimdoの解約も終了し、移管作業は全て終わりました。

お疲れ様でした。

 

指の骨はなぜポキポキ鳴って、一度鳴ると鳴らなくなって、時間が経つとまたポキポキ鳴るのか?

 

2 件のコメント

  • 初めまして!
    今、Jimdoからをwordpressへのドメイン移管を考えているものです。
    質問なのですが、移管された後のサイトはJimdoの時にみていたものと同じ状態で再開できるのでしょうか?
    それとも1から作り込まないといけないのでしょうか?

    教えていただけると、非常にありがたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。