『Jimdo』と『ワードプレス』の使いやすさを比較

僕が本業の飲食店のホームページを初めて自作したのは2011年jimdoというサービスを知った事がキッカケです。

それまでは『ホームページを作るのは莫大なお金がかかる』と思っていましたが、jimdoでは年間13000円という低コストで、誰でも簡単にホームページを作成できるという謳い文句に食いついたわけです(無料でもできるけどjimdoの広告が入る)

それから約6年、jimdoを使い続けた末にたどり着いたのが『めっちゃ使いにくい』という結末。長年お世話になったサービスに対して、そんな暴言吐いていいのかってぐらい雑な感想で幕を閉じたのです。

 

そして2017年、ワードプレスと運命の出会い。

 

jimdoの使いにくさに慣れきっていた僕は『こんなに素晴らしいホームページ作成サービスがあったのか!!』って痛感しました。

というワケでjimdo歴6年4ヵ月、ワードプレス歴1年9ヵ月の僕が『jimdoとワードプレスの違い』を細かく解説いたします。

 

価格面

jimdo

サーバー料金、独自ドメイン料金、全てコミコミで年間約13000~14000円ぐらいだったと思います。サブドメインとかそういう知識は当時持ってなかったので、どんなオプションが付属していたかは忘れました。

ワードプレス

サーバー料金はレンタル業者によって変わります。僕はエックスサーバーで年間16000円ぐらい。独自ドメイン料金で年間1800円とかそんなもんですね。

jimdoに比べると年間約4000円高いです。

ただし、その4000円をケチってjimdoを続けるぐらいなら、絶対的にワードプレスの方がいいと僕は思います。理由は今から書いていきます。

 

 

導入のしやすさ

jimdo

最初に書いたように、やろうと思えば無料でもできます。要するに『無料ブログの向こう側』みたいな物なので、導入も簡単です。9年も前の事なので忘れましたが、メールアドレスを登録するぐらいの事しかやってないと思います。サーバーもドメインも向こうが全て用意してくれてます。独自ドメイン関係は忘れました。おそらく有料化した際に貰えたと思います。

 

ワードプレス

導入は大変です。サーバー契約、ドメイン契約、ネームサーバー設定、全ての事を自分でやらないといけません。しかしこれさえ乗り越えれば後はどうにかなります。

ゼロから始めるワードプレス①(初期導入編)

 

カスタマイズのしやすさ

jimdo

jimdoにも色々とテーマがありまして、そこから自分のイメージに合ったテーマを選んでホームページを作っていく事になります。しかし細かいカスタマイズができません(今はどうか知りませんけど)

例えば『ココとココの空間をもう少しあけたい』とか『ここの表示を変えたい』とか『過去の記事をサムネイル付きで表示したい』とか、僕がやってる時はほぼほぼ不可能でした。

結局やれる事ってのは『テーマで決められた事だけ』という印象です。

FC2等の無料ブログとさほど変わらない感じです。

一応HTMLやCSSの勉強もやったんですが、僕の知識がjimdoに追いつけず、完全に使いきれなかっただけの可能性もありますので、この部分は軽く流しといてください。

 

ワードプレス

どのテーマを選んでも『CSS』さえ覚えてしまえば簡単にカスタマイズできます。もちろんテーマに制限される部分もあるんですが、それでもjimdoに比べると自由度はかなり高いです。

『追加CSS』という機能を使えば『CSSコードでの変化がリアルタイムで分かる』ってが最強に使いやすいです。頭の中だけでプログラムするのではなく、コードを入力した瞬間に命令が反映され、その場で変化を確認できます。

更に『プラグイン』機能も充実しており、これを使えば『自分の知識だけじゃとても作る事なんてできないシステム』を、いとも簡単に導入する事ができます。

 

コンテンツの扱いやすさ

jimdo

このサービスの売りは『直感的にホームページを作る事ができる』って部分で、なんでもかんでもドラッグ&ドロップで処理ができてしまいます。

画像を動かしたい時も、文章を動かしたい時も、コンテンツの移動を行う時も、全てドラッグ&ドロップ。全てがリアルタイム編集。マリオメーカーみたいな感じ。これは確かに画期的機能です。

しかしこれには弱点がありまして『スペックの低いパソコンだと、めちゃくちゃ重くなる』っていうシステムなわけです。

画像1つの移動に対してもリアルタイムで保存・更新を繰り返しているので、パソコンも地下労働施設で意味も分からず歯車を回し続ける労働者の様な気持ちでせっせと働きっぱなしの状態。

例えば『この画像を別の記事に移したい』なんて時は、いったん画面端の『移動ボックス』に乗せて、ページを切り替えて、移動ボックスから取り出す。この一連の作業だけでもパソコンが悲鳴を上げます。5分ぐらいかけて移動させたつもりの画像が、元の位置に帰ってる事もあります。お前は犬かと。

『画面最上部から画面最下部に画像を移動する』という場面でも、画像をドラッグしたままチマチマチマチマ下に移動させていくわけですが、少しでも油断すると画像はどこかに飛んでいきます。どこに行ったか探す旅が始まります。

要するに『やりたい作業が全くはかどらない』どころか『余計な仕事が増えて、その処理をやってる時間の方が長いんじゃないか』っていう感覚が常に付きまといます。

文章を何十行も書いた後で、いきなり全てが消え去る事もありました。僕は何回同じ文章を書けばいいんじゃって、泣きそうな時もありました。

確かに右も左もわからない『初心者』には親切なシステムではあるのですが、長年使っててそこそこ知識がつき、ストレスも溜まりまくって『jimdoって、もしかしてかなり厄介なホームページ作成サービスなんじゃないか?』って思う日が来ます。

 

 

ワードプレス

jimdoはホームページの記事上で直接編集するシステムですが、ワードプレスは『投稿専用のエディタで編集し、それを記事に反映させる』っていう感じです。もちろんリアルタイムで記事をみる事はできませんが、見たい時には『プレビューボタン』ですぐに確認できます。

保存・更新のタイミングはjimdoに比べると半分の半分以下ぐらいだと思います。編集中にパソコンが悲鳴を上げる事もありません。

もちろん画像の移動も簡単です。ドラッグ&ドロップでも行けますが、切り取り・貼り付けであっという間に終わります。

一度アップロードした画像は『メディア専用の収納箱』に入ってるので、いつでもどこでも収納箱から引っ張りだしてくる事もできます。

 

記事の書きやすさ

jimdo

ワードプレスでいう『ブロックエディター』みたいな感じです。正直僕は使いやすいと思った事はないです。結局ブロックごと移動するのが手間だし、パソコン悲鳴上げるし、どこに吹っ飛んでいくか分からないので。

文字の装飾は一応できます。見出しは『見出し』というコンテンツで設置する事になるので、文章の中に作る事はできません。

ブログが書きやすいように』って感じのシステムではないです。カテゴリー分けもタグ付けもできなかったと思います。

記事の管理も非常にやりづらいです。『これ以上記事が増えたらどうやって管理せえって言うんや』ぐらいイライラします。

さらに書いた記事にリンクを付けるのも自分の仕事です。新しい記事を書いたからっつって、自動的に公開される事はありません。

URLをコピーして、どっかのページにブログタイトル書いて、その文章からリンクで飛ばす。っていう仕事をブログを書くごとにやらなくちゃいけません。面倒くさすぎる。

 

『パブロ・ピカソのフルネーム』を日本語に変換したらどうなるのか

蜘蛛は『巣の1本目』をどうやって張ってんだろうか

 

上記リンクの記事なんかも当時のjimdoで再編集した物ですが、jimdoを6年続けた間に書いたブログの数は、最終的に20記事も満たないぐらいで幕を閉じた気がします。

ちなみにワードプレス【飲食店のホームページ】では移管から1年9ヵ月で136記事かいてます。

他の運営サイトや、ボツにした記事も含めたら合計300記事ぐらい書いてるんじゃないでしょうか。

もう、jimdoでブログなんて書く気が起こらないんですよ。書きにくすぎる、管理しにくすぎる、ストレスがたまりまくる。

そもそもが『ブログ特化型ではないシステム』なので、そこに文句を言うのもお門違いなのかもしれませんが、普通のホームページを作るにしてもかなり使いづらい仕様だと思います。

ワードプレスで言う『固定ページ』を量産しているようなもんです。

 

ワードプレス

めちゃめちゃ書きやすいです。確かにデフォルトのエディタはガチで無能で呆れて鼻の穴が塞がらないレベルで使えませんが、自分の使いやすいようにカスタマイズすれば、ノンストレスで記事を書くことができるようになります。こういう柔軟性もワードプレスの良さです。

Wordより、もっと書きやすいWordで書いてるって感じ。

記事の管理も問題なくできます。投稿日・カテゴリー・閲覧数でソートもできるし、一括削除、一括編集もできる。さらに記事別でアイキャッチ画像まで付けれると来たもんだ。

 

jimdoとはレベルというか、もはや次元が違います。

 

公開した記事は『新着記事』として自動的にトップページに表示されますから、記事を書くたびにリンク付けとかいう謎すぎる無駄仕事をしなくて済みます。

投稿ページ・固定ページ・ランディングページと『用途に合わせた属性で記事を書ける』っていうのも素晴らしい。jimdoなんか全部固定ページでしたからね。

プラグインを使えば『全文章の中から特定ワードを検索・置換する』なんて事も可能だし、ほんと痒いところに手が届くって表現はこういう時に使うんでしょうねアッパレさんま大先生です。

 

まとめ

jimdoさんホントにごめんなさい。

なんだかんだ6年もお世話になったjimdoさんに、ここまでズタボロに言うつもりはなかったんですけど、自分に正直になると、こんな感じになってしまいました。

jimdo愛好者さんがこれを読んで『いいえ!jimdoにも良いところはいっぱいありますよ!』っていう意見もあると思いますし、それを否定する事なんて一切ありません。

僕はワードプレスの回し者でもないので、別に誰が何を使おうとどうでもいいんですけど、とりあえずjimdoに対して抱き続けてきたストレスの記憶が残っている内に記しておこうと思い、筆をとりました。

僕からは以上です。