【用語解説】パーマリンク

初心者は意味が分からず100%スルーする『パーマリンク設定』という物が存在しますが、この設定を後回しにしてしまうと非常に面倒くさい事態が巻き起こる可能性があります。

英文の羅列が襲ってくるので『意味分からん』と敬遠してしまいがちですが、聞いてしまえば単純明快です。

早い段階で覚えておきましょう。

 

 

パーマリンクとは

大雑把にいえば『記事のURL』

細かく言うと『ドメイン以下の部分』

 

この記事のURLは『 https://wordpress.marumado.net/permalink-configuration/ ‎』

パーマリンクは『permalink-configuration/ ‎』

 

こんな感じで覚えとけば問題ありません。

 

 

パーマリンク設定

パーマリンク設定とは?

ブログサイトでは『新規記事』がどんどん作成されます。

新規記事には分別の為に『新規URL』が与えられます。

新規URLはワードプレスが『自動的』に作成します。

自動的に『どういう形式で作成してもらうか?』

これを決めるのが『パーマリンク設定』です。何も難しくありません。初期段階の内にしっかり設定しておきましょう。後悔する前に。

 

後からパーマリンク設定を変えた場合

サイト内のURL形式が統一されてない気持ち悪い状態になります。

それを修正するには1つ1つの記事のパーマリンク(URL)を設定しなおさねばなりません。場合によっては修正も不可能。もちろんURLが変わるので、リンク切を起こします。

 

これが本当に最悪の事態です

 

記事数が少ない内ならまだ取り返しがつきます。もしまだ『パーマリンク』から逃げている途中なら、今こそ振り返り、真摯に向き合いましょう。

 

 

パーマリンクをベストの形に設定する

【左メニュー】→【設定】→【パーマリンク設定】で下図の画面。

基本的に使うのは『指をさしているどれか』になると思います。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

基本

最も単純なパーマリンクです。『ドメイン&記事のID』がそのままURLになるので、タイトル・内容・カテゴリーを変えても何の問題もありません。

また、リンクを貼る時も管理しやすいので、僕はブログを始めてからずっと『基本』を使っていましたが、知識を付けていくにつれ問題が生じました。

 

グーグルはIDだけのURLを嫌っているらしいのです。

 

要するに『URLを見るだけで記事の内容を把握させてくれ』という話なので、現時点でこの『基本』はお勧めできません。

一番シンプルで好きなんですけどね・・・。

 

投稿名

『ドメイン&記事のタイトル』がURLになります

現時点で僕はコレがベストパーマリンクだと思います。

 

メリットは『グーグル検索に気に入ってもらえる』

デメリットは『面倒くさい』

 

新規記事のURLは自動生成してくれるのですが、結局『日本語のURL』になるので書き直さなくてダメ。むやみに長かったりするし、%だらけのURLに変換される事もしばしば。あと何か、URLは英語っていう概念があるので違和感を感じる。

『基本(記事IDのURL)』では考える必要のなかった『記事の英語タイトル』を、1記事ずつパーマリンクに付けなくてはいけません。

楽だけどグーグルに嫌われる方を取るか、面倒だけどグーグルに好かれる方を取るか、まあ1つの迷いどころですね。

 

 

カスタム構造

自分の好きな様にパーマリンクの構造をカスタムできます。

 

%year%・投稿された年を4桁で取得

%monthnum%・投稿された月を取得

%day%・投稿された日を取得

%hour%・投稿された時を取得

%minute%・投稿された分を取得

%second%・投稿された秒を取得

%post_id%・投稿の固有IDを取得

%postname%・投稿の投稿名を取得

%category%・投稿のカテゴリーを取得

%author%・投稿の作成者を取得

 

 

これらを自由に組み合わせてパーマリンクを作成できるのですが、別にそこまでパーマリンクにこだわる必要もありません。

使う可能性のあるパーマリンクは『カテゴリーの取得』ぐらいなので、その説明をします。

 

/%category%/%postname%/

 

カスタム構造の欄に上記のコードを入力すると以下の様な構造に。

 

ドメイン/カテゴリー/投稿名/

 

1つ前に紹介した『投稿名のパーマリンク』よりも、カテゴリーが入った分、内容が分かりやすくはなります。

グーグルに気に入られる確率も『少しは』あがるかもしれません。

しかしこの場合『後からカテゴリーを変更したらリンクが切れる』という恐怖と戦っていく事にもなります。結局は『英語タイトル』も考えなくてはいけない面倒も付いてくるし、それなら『投稿名』で充分だと思います。

 

まとめ

・面倒くさがり屋は『基本』

・グーグルに気に入られたいなら『投稿名』

・もっと気に入られたいなら『カスタム構造』でカテゴリー追加

 

『しまじろう』は長男なのになぜ『じろう』なのか?