ゼロから始めるワードプレス①(初期導入編)

『ワードプレスを始めたいけど、何をやればいいのか分からない!』

 

僕も何年か前は全く同じ状態でしたが、仕事の合間や、終わってからの時間を全てワードプレスの勉強に費やし、どうにか初心者寄りの中級者ぐらいまでのレベルに到達する事ができました。

この記事を含む【ゼロから始めるワードプレス①~③】は僕の歩んできたワードプレスの歴史をそのまま辿る感じで書いておりますので、速読術の練習にでもお使いください。

 

知識ゼロの状態からホームページを作る方法

個人で作成するブログ(ホームページ)は単純に『無料』『有料』の2つに分かれます。

 

無料ブログ

FC2・アメーバブログ等、大手企業がサイトの基礎・面倒な手続きを全てやってくれているから誰でも簡単にホームページが作れますが、細かいカスタマイズが難しいです(できない事はない)

初心者はもちろん無料ブログから始める人の方が多くて、僕も無料ブログで何年かやった後に『もっと色々な事をやりたい』という思いが沸き『Jimdo』というホームページ作成ソフトと契約して年間13000円ぐらいで飲食店のホームページを運営してました。

5年ぐらい頑張りましたが、やはりサイトの作りにくさ違和感を感じ続ける日々に嫌気がさして、最終的にワードプレスに移行したって感じです。

10年以上前、初めて自分でホームページを作成して色々なサイトや方法で運営を続けてきましたが『もう一生ワードプレスでいいな』って感じです。それほどワードプレスは扱いやすいです。

『Jimdo』と『ワードプレス』の使いやすさを比較

 

 

ワードプレス

ワードプレスというソフト自体は無料ですが、そのソフトを使用できる環境を作る為にお金が必要になるのです。

誰も何も用意してくれてない状態から自分でサイトを立ち上げなくてはならないので、初っ端から色々な勉強が必要となります。

足を踏み入れるにはそこそこの覚悟がないと、もし途中断念すればお金をかけてストレスをためるだけの作業になります。

 

 

ワードプレスに必要な物を集める

ワードプレス運営への第一歩は『筆記用具』『土地』『家』を用意する所から始まります。

この3つが全て揃った時、初めてワードプレスで記事を書く事ができるようになるわけです。

この入り口が最大の難関で、絶対的に支出も発生します。

 

 

筆記用具(ワードプレス)

『ネット上で文字を書く作業』を行うためには筆記用具が必要であり、その役割を担ってくれるのが『ワードプレス』という無料ソフトです。

この筆記用具はほとんどの場合『サーバー』が用意してくれていますので、現時点で考える必要はありません。

一旦頭をぶん殴って忘れてください。

今すぐ必要な物は『土地』『家』です。

 

 

土地(サーバー)

現時点ではネット上に『居場所』がありません。

ワードプレスをやりたくても、やる場所が無いのでサーバー】という名の『土地』を借りる必要があります。

色々な業者がありますからネットで調べ、自分に合った業者を選択する必要があります。僕より詳しい人たちが大量の記事を書いてくれていますので、それを参考にサーバーを決め、契約してください。

この時点で第一の支出が発生します。

 

【レンタルサーバー 比較】で検索

 

 

ちなみに僕はエックスサーバーから借りてます。x10 プランという一番安いプランで年間16000円ぐらい支払います。もちろんもっと安いサーバーも沢山ありますので検討してみてください。

エックスサーバーは特に問題も起こらず安定していますし、質問に対しての返事も早かったです。僕的にはおすすめです。

 

 

契約しないとこれ以上先に進む事はできません。

 

 

家(ドメイン)

サーバーを契約した直後に選べるドメインは大きく2種類。

①初期ドメイン(無料)

独自ドメイン(有料)

どちらかにするか決めなくてはなりません。

 

【初期ドメイン・無料】

サーバー契約時に必ず与えられる『サーバーのサブドメイン』です。

このドメインは『サーバーの持家』つまり借家。

信頼性が薄い為、グーグルアドセンス等のアフェリエイト収入を目指す場合は制限を受けます(アドセンスは審査すらしてくれないです)

もちろん『.com』の様な有名ドメインは取得できません。

後々『サイトが育ってきたからドメインごと別サーバーに引越そ』などという都合のいい話は通りません。

 

【独自ドメイン・有料】

誰の物でもなく『自分の家』です。

アフェリエイト収入を目指すなら絶対に必要です。

『.com』『.net』『.jp』等の有名なドメインを取得できますので信頼性も上がります。

価格はそれぞれのドメイン価値によって変動します。

またサーバーによっては契約時にキャンペーンで無料でくれる所もあります(1年後から有料とかあるので、あまり期待しないように)

後々『サイトを別のサーバーに引越したい』という場合は『独自ドメインの移管』という技で引っ越しできます。

 

前者・初期ドメインを選んだ方

すでに用意されているサーバーの家で作業をする事になりました。

地主さん(サーバー)が既に面倒な手続きを全て終わらせてくれてるので、あなたはただ住むだけです。何もしなくてオッケー。

【ワードプレスをインストール】という項目までワープしてください。

 

 

後者・独自ドメインを選んだ方

夢のマイホームを建てる事になりました。

面倒な手続きが目白押しです。

ワードプレスをインストールするまでに少し時間がかかりますが、焦らず1つずつクリアしていけば必ず出来ます。

 

①まずお金を払って自分の家を建てます。これが『独自ドメイン取得』と呼ばれる第1の工程。

②なんとこの家は完成直後、宙に浮いています。

天空の城には入れませんので、借りた土地へ家を降ろす必要があります。これが『独自ドメイン設定(登録)』と呼ばれる第2の工程。

③違う業者同士(サーバー業者とドメイン業者)を連結させてお互いが情報交換できるようにします。これが『ネームサーバー設定(DNS設定)』と呼ばれる第3の工程。

④家も土地も全て整ったので、筆記用具を家の中に入れて作業できる環境を作ります。これが『ワードプレスのインストール』と呼ばれる最後の工程。

 

 

①独自ドメイン取得(家を建てる)

サーバーと同じ要領でドメイン業者を選びます。

業者・ドメイン価値によって料金は変わりますが、質は変わりません。ただの名前ですから、どこで取得しても得られる物は同じ。

詳しく言えば「who is情報」など異なる部分もありますが、そんなんどうでもいいです。

【独自ドメイン 比較】で検索

独自ドメインが取得(契約)できたら次の工程へお進みください。

 

契約しないとこれ以上先に進む事はできません。

 

僕はエックスサーバーで独自ドメイン【marumado.net】を取得し、年間1620円を支払ってます。

他の業者と比べて少し割高ですが、その分初期設定(ネームサーバー設定をしなくてよい)が楽です。当時ガチ初心者だった僕はネームサーバー設定が上手くいかず、ストレスで死にかけました。

 

 

②独自ドメイン設定(家を土地に降ろす)

独自ドメインを取得しただけでは何の役にも立ちません。

サーバーのコントロールパネルへログインして、取得した独自ドメインを登録する必要があります(コントロールパネルはサーバーによって呼称が異なる)

サーバー契約が完了していればメールで『ログインID』『ログインパスワード』『コントロールパネルのURL』が送られてきているはずなので確認してください

 

基本的にどのサーバーでもやる事は同じなので『エックスサーバーのやり方』で説明していきます。

というか同じことをやらないとワードプレスは使えません。

右上の【ドメイン設定】をクリック

【ドメイン設定の追加】で先ほど取得した『あなたの独自ドメイン』を入力して【追加】

独自ドメイン入力例:marumado.net

 

 

③ネームサーバー設定(互いの業者を連携)

エックスサーバーをレンタルし、なおかつエックスサーバーで独自ドメインを取得した場合、ネームサーバー設定が最初から終わっているのでこの工程は省かれます。次の工程へ進んでください

ドメインの取得・登録は完了。あとは業者同士(サーバー業者とドメイン業者)を連結させれば土地・家問題は解決します。

いきなりやる気をそぎますが、僕がストレスで死にかけた設定はコレです。エックスサーバーと契約する前に、激安サーバーの『ロリポップ』というサーバーを借りており、ネームサーバー設定が上手くいかず1ヶ月もしない内に解約しました。

 

ネームサーバー設定(DNS設定)はサーバーによって設定方法が異なりますので、そのサーバーの説明書を読むしか方法は有りません。

【契約したサーバー名 ネームサーバー設定】で検索してください。

 

検索トップに『サーバー公式のネームサーバー設定説明書』がでてきます。その方法に従ってネームサーバー設定を行ってください。イメージしやすい様にエックスサーバーの流れは書いておきます。

①【ネームサーバー説明書】を開くと『下図の様な表』が必ず有ります。

この情報が必要なのでこのページのタブは待機させ、新規タブを開いて作業する事をおすすめします。

 

②新規タブで【ドメイン業者のコントロールパネル】にログインして【上記のネームサーバー】を入力できる欄を探し出す。

エックスサーバーの場合は【インフォパネル】【独自ドメイン】【ネームサーバーの変更】へ行くと下図の様な入力欄が表示されます。

 

いま現在、ブラウザには3つのタブが開いてます。

①サーバー業者のネームサーバー説明書

②ドメイン業者のネームサーバー入力欄

③丸窓のワードプレスメモ

①の情報を②の入力欄に全てコピペし、情報内容を全く同じにして、変更を確定させます。

これで業者同士の連結は終了です。

と言いたいところではございますが、なんとネームサーバー設定が完了するまで最大72時間のタイムラグが発生する可能性があるのです。

しかも『どれくらい終わってるか』など確認する術もありませんし『今終わりました』など通知が来るワケでもありません。

僕が経験したロリポップの場合、3日経っても異常が出まくりでした。クレームいれるのも面倒だったから解約してエックスサーバーに行きました。今思いだしてもイライラしますよほんとむかつく。

ただ、僕が確認しているロリポップ以外のサーバーでは1時間もかかりませんでしたし、ネットの記事を読んだ感じも『コーヒー飲んでたら終わってた』とかでした。本当これだけは分かりません。僕的にはトラウマですが、すんなり終わる人もかなり居るみたいですね。

とりあえずここまで終わったら少し休憩してくださいって事です。

犬の散歩でもどうぞ。

 

 

④ワードプレスをインストール(家に筆記用具を入れる)

【初期ドメインを選択した方】お待たせしました。

【独自ドメインを選択した方】お疲れ様でした。

ついに『土地と家』を手にいれましたので、いよいよ『筆記用具』をインストールします。

【サーバーのコントロールパネル】にアクセスして【ワードプレス自動インストール】みたいなヤツを探してください。

分からなければ【サーバー名 ワードプレス インストール】とかで検索すれば説明書が出てきます。

 

 

エックスサーバーの場合は【サーバーパネル】【ホームページ】【自動インストール】をクリックして【ワードプレスをインストールしたいドメイン】を選択

【プログラムのインストール】【ワードプレス】【インストール】をクリックすると下図の様な入力欄が出現

 

【インストールURL】http://wordpress.marumado.net

ここで指定した場所(家の中の部屋)へ『ワードプレス』がインストールされて『あなたのサイトのトップページURL』となります。

『/(スラッシュ)』の後にも文字を入力する欄がありますが、独自ドメインにインストールする場合は空欄にしておいてください。

ここに文字を入れてしまうと、それは独自ドメインではなく『サブディレクトリ』という扱いになります。

 

後は適当に入力。

データベースは『自動でデータベースを生成する』のままで【インストール】をポチります。

 

こんな画面が出ます。必ずメモしてくださいとか怖い事いってます。上図の様に画面ごとキャプチャして保管しとくのもいいんですが、必要なのは『IDとパスワードだけ』です。

『MySQLの情報』は後から見ようと思えば見れるので別にメモ取る必要は無いと最近気づきました。でも見る方法が少し難しいので、初心者の方は念のためメモを。

 

 

上部に『http』から始まるURLが表示されていますね。これが新規サイトの『編集画面のアドレス』です。

ここから『/wp-admin/』を除いたURLが『新規サイトのURL』となります。

『/wp-admin/』は編集画面のアドレス

本当にお疲れ様でした。

と言えるのは、無事トップ画面へアクセスできた場合です。

ネームサーバー設定が終わっていなければサイトは表示されません。

もしサイトが表示されたとしても、まだ待ってください。浮かれたい気持ちは分かりますが設定は終わってません。

何度でも言わせてもらいますが、僕はこの状態で3日間以上サイトが表示されず鬱になりかけました。ロリポップです。ロリポップとムームードメインに殺されかけたのです。

 

サイトをSSL化

このままの状態ではあなたのサイトは『http』のまま。

他のサーバーは知りませんがエックスサーバーには『無料SSL化』という機能がついてますので、絶対導入してください。やらないと損です。何が損なのかは分かりませんが、とにかくやってください。

 

【SSL化とは】

簡単に言えばサイトURL『http』の部分を『https』に変換する事で、セキュリティ強化能力を持ちます。

現在ネットはこのSSL化が当たり前になっており、グーグルも推奨してます。別にやらなくても死にませんが、僕はやった方がいいと思います。

 

【ドメイン】【SSL設定】をクリック
【ワードプレスをインストールしたドメイン】を選択
【独自SSL設定の追加】を選択

 

【SSL化したいサイト】を選択
【CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する】僕はどうでもいいのでいつも無視してます(チェックを入れない)
【独自SSL設定を追加する】をクリック

これでサイトのSSL化は終わりです。

ところがどすこいまだ設定は終わりませんよ。

 

 

サイトのURLを変更

無事ネームサーバ設定が終わればアクセスできるようになります。

まだ記事なんて書いちゃダメですよ。

設定が先です設定が。

 

ワードプレス編集画面に入ると左側にメニューがあります。

上図の下から2番目のアイコンにマウスを乗せると【一般】っていうのが項目がでるのでクリック。

 

下から2つの項目に注目。

URLが『http』になっています。

先ほどSSL化したので、サイトは『https』へ変わっているのです。

このまま放置しておくと、リンク先の様なエラーが出ます。

 

『http』を『https』にすればいいだけの話。

これで『実際のあなたのサイトのURL』と『ワードプレスが認識しているURL』が一致します。

この部分はなんかデリケートらしいので、金輪際いじらないようにしてください。ログインできなくなったりします。

 

ワードプレスのインストール終了

おめでとうございます。

これにて空前絶後で超絶怒涛の『ワードプレスの導入編』は終了です。

これから適当にワードプレスをいじくって、好きに記事を書いて、まあ色々とやってみてください。おそらく1日も経たないうちに色々な試練が襲いまくってくると思います。

そんな時は【②初期設定編】へどうぞ。

 

【ゼロから始めるワードプレス①(初期導入編)】今ココ

【ゼロから始めるワードプレス②(初期設定編)】

【ゼロから始めるワードプレス③(CSS・FTP編)】

 

 

【コブクロ・赤い糸】主人公が闇の組織に巻き込まれる事案発生