ゼロから始めるワードプレス③(CSS・FTP編)

ついに最終章ですね。しかしこの③が一番難しいと言っても過言ではありません。ここからは僕の説明が下手すぎとかそういうんじゃなくて、自分のやる気が全ての戦いになってきます。頑張ってください。

 

【ゼロから始めるワードプレス①(初期導入編)】

【ゼロから始めるワードプレス②(初期設定編)】

【ゼロから始めるワードプレス③(CSS・FTP編)】今ココ

 

『CSS』のイメージを掴む

CSSを知る事によってカスタマイズの可能性がめちゃくちゃ広がります。

『見出しの装飾』から始まり『画像に枠を付ける』等、記事を生産して行く上での効率アップにも繋がりますので絶対に覚えて頂きたい。

プラグインと同じぐらい大事なシステムなので【CSSとは?】を読んで神の力を自分の物にしてください。

CSSのイメージを一番掴みやすいのは【見出しの装飾】ですね。

外観カスタマイズも兼ねて、リンク先のコピペサンプルを色々いじくってみるのも勉強になるんじゃないかと思います。

 

 

外観をもっとカスタマイズする

記事作成にも慣れ始め、サイトも少しずつ形を成してきた頃ではないかと思います。

それぐらいの時期にもう一度やってくるのが『この部分、非表示にできないかな?』『サイドバーのタイトル文字を大きくできないかな?』などの、外観の細かい部分に対する不満です。

要するに【カスタマイズメニュー】から設定する事ができない部分を、どうにかカスタマイズしたいっていう気持ち。

『同じワードプレステーマで作られているはずのに、なぜ僕のサイトと別のサイトは違うんだ?』

他のサイトを見てると特にその想いは強くなります。

それは別のサイトが『特殊なカスタマイズ方法』を行っているからです。表面だけではなく『裏』のカスタマイズ。

具体的に言えば『根本のプログラムをいじる』って事です。

もちろん今持っている知識だけでは無理なので、もう少しだけ勉強する必要があります。

プログラムをいじればいじるほど、サイトが壊れる可能性が上がります。

正しい知識を持って挑めば壊れる可能性も少なくなりますし、対処法を知っていればもし壊れても修復する事ができます。

ここから先はそういう話になりますので、自己責任でお進みください。

 

『FTPとPHP』のイメージを掴む

どのサーバーにも【FTP】というソフトが装備されています。

これは『ワードプレスの核へ侵入する道具』と考えとけば大丈夫です。この道具を使う事によって、サイトの内部を直接操作できます。

そして操作する対象となるデータが【PHP】と呼ばれる『プログラムが記述されたテキスト』になります(編集できるデータはPHPだけではありませんが、ほとんどの場合はPHP)

FTPを使えばPHPを編集・コピー・削除できる

PHPを編集する事でサイトをより細かくカスタマイズできる

単純に言えばこういう事。

以前学んだCSSよりワンランク上のカスタマイズ方法ではありますが、CSSだけではどうにもならないカスタマイズも【FTPとPHP】を使う事によって可能になります。

 

サイトの邪魔な部分を非表示にする

【FTPとPHP】を扱えるようになれば『デフォルト設定では絶対に消せない物を消せるようになる』というのも魅力の1つ。たとえば。

【コンテンツ下の『関連記事』を消したい】

【デフォルトで表示される矢印を消したい】

PHPの構造をある程度理解してしまえば、ネット検索に頼らずとも自分の力だけで(時間をかければ)大概の事はできるようになります。僕もまだ『PHPの構造を解読中の身』なので大きな口は叩けませんけど。

【STORKの邪魔な物を非表示にする】という記事があります。

こちらはPHP編集の中でも非常に簡単な物をまとめており『どのPHPを』『どうやって編集すれば』『どこが非表示になる』という事も理解できるかと思います。

 

おめでとうございます

ここまで完全に理解できれば『中級者寄りの初心者』まで成長する事ができていると思います!

それもこれも全て僕のおかげです!

本当にお疲れ様でした!

 

時間の単位はなんで24進法やら60進法やらグチャグチャなのか